P7H55-MでUSBブートの設定とwindos10のインストール

P7H55-MでUSBブートの設定とwindos10のインストール

マザーボードがP7H55-MのPCでSSDを搭載して、windows10をインストールしようとしたがUSBブートができない。

BIOSを確認すると「Boot」にはSSDとDVDドライブしか表示が無い。USBが無いのだ。

検索してもこれといった情報が無い。マニュアルにも書かれていない。

結局探し当てたのが、BIOSのBootメニューから、「Hard Disk Drives」を開いて

「Hard Disk Drives」そのものを「USB」に変更しなけらばならなかった。

初期設定では「Hard Disk Drives」の1stDriveがSSDになっている。

これを1stと2ndのUSBを入れ替えて1stにUSB、2ndにssdを持ってくる

この状態でBootメニューにUSBが表示できるので1stBootにUSBを持ってくれば、無事にUSBから起動できるようになる。

この状態でwin10をインストールする。

ただし、インストールが完了すると、自動的に再起動がかかり、もう一度インストール画面に戻るので、いったん電源を落としてUSBを抜いた後、再度起動させる必要がある。

2019年1月28記事目

エラー、トラブルカテゴリの最新記事