mojaの生き方

自転車の無灯火問題に思うこと

こんなツイートを見つけた。

「陽が落ちるのが早くなり、自転車で帰宅するとき無灯火の自転車に悩まされるようになってきた。
彼らはなぜ「相手に認知させる必要性」に気づけないのだろう? 
「薄暗くても道は見えるから大丈夫」ではない。ライトは「相手に見せるため」に点灯するもの。」

これの答えは簡単で、親が大人が付けないからだと僕は思う。

僕は日が暮れる前に、割と早く車のライトをつける。夕日で逆光の場合なんかもやはり付ける。

すると、助手席の長男は必ず聞いてくる。

「父ちゃん、なんで前見えとんのにライト付けるん??」

僕が答える「父ちゃんが見えないから付けるんじゃないで。前から来る車や自転車や人に気付いてもらうために付けるやでと。」

大人がやらない事を子どもに言うても、説得力が無いだけ。

まずは大人がやってみせれば良い。

世の中の全てのドライバーが、夕方の早めの点灯を心がければ社会は変わる。

かっこえー事言うてもた。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ