carp2018

浅村栄斗の決断とカープのFA

西武からFA宣言した浅村栄斗が移籍を楽天にしたという。

当初、「外に行くからと言って行使したわけではない。他球団の評価が聞きたいという率直な思いで決断しました」と言っていたにもかかわらずだ。

西武浅村のFAとソフトバンクと。。浅村 栄斗(あさむら ひでと)、西武の内野手である。 僕はカープ以外の事は全くわからんのだが、その人がFA宣言をした。 その...

各球団から提示された条件は、

ソフトバンクが4年総額25億円を超える破格の条件、楽天は4年総額20億円超の大型契約と、背番号「3」を用意。そして、「残留を求める西武からはその場で、これまでの3年総額15億円から新たに4年総額20億円を超える大型契約を提示された。」(サンスポ)

との事。やはり金額だけでは無かったらしい。。それにしてもそれなら尚更残留するかと思っていたが、それよりも石井一久ゼネラルマネジャーを選んだって事か?

しかも優勝チームから最下位球団へ行くというのだ。しかも出身地である関西のオリックスに関しては交渉のテーブルに付く事すら無かった。

単に石井さんに引き抜かれただけのようにも見えるが、なんか初めから出来レースだったように見えるのは僕だけだろうか??どうもあっさり決まり過ぎた感じがする。

まあよそのチームの事だし結局パリーグだからあまり関係無いのだが。。

それよりもなんで阪神は獲得に動かんかったんやろか?という疑問が残ったのと、今年セカンドを取り損ねたソフトバンクが来年菊池に本気になる事のほうがよほど重要課題だ。

もしも今年、丸が残留であればタナキクマルは安泰だろう。だが、しかしその逆があれば来年以降カープは本当に正念場になる。

それがわからんオーナーでも無いだろうに。いや、わからんから選手の要望を聞く気が無いのか。それとも、本気でタナキクマルが抜けてもどうにかなると考えているのか?そうだとしたらあまりにも愚かだ。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ