carp2019

肥後の国のドラマ

陽ざしの強い、明るい夕焼けの空の下で始まったこの試合。スタメンを見て勝てるはずが無いと思った。

打順 位置 選手名 打率 最近の打率
1 (遊) 田中 広輔 .180 .105
2 (二) 菊池 涼介 .250   .211
3   (一) バティスタ 右  .129  .091
4   (右) 鈴木 誠也 右   .275 .250
5   (左) 松山 竜平  左  .171 .133
6   (中)  長野 久義 .167 .000
7   (捕) 會澤 翼   右   .195   .167
8   (三) 安部 友裕 左   .244 .273
9   (投) 野村 祐輔 右   .000 .---

もちろん、打率で試合が決まるのでは無いが、さすがにこれはひどいだろ。巨人の先発はドラ1ルーキー左腕・高橋優貴。
なぜ、野間を外してバティスタ、松山、長野なのだ?

現に、立ち上がりが不安定だった初回に3つも四球をもらって満塁にしてから1点も入らなかった。逆にノムスケはまた初回に失点。
最近の流れだと、これで8割負けた試合だった。3回に菊池のソロで1点返すのやっとだった。結局高橋優貴は5回1/3を投げて2安打1失点。打線も重症だが、その打線を見殺しにする監督・コーチはもっと重症である。

しかし肥後の国にはドラマが待っていた。2対2の同点で迎えた8回、開幕からここまでカープ戦で全く当たってなかった、丸がついに弾丸ライナーをライトへ運んだのだ。。ジ・エンド。多くの人がそう思っただろう。7回にようやくタイムリーが出たとはいえ、残り1回で3点が取れるなんて夢にも思わなかった。

そして試合を決めるのがまさか石原になるとは。。試合に出てないとはいえ、この試合まで今季まだヒットが出てなかったのだから。

丸に打たれて奮起したのかどうかはわからない。

確かに丸が打って、丸が決めるはずだった試合をひっくり返したこと、原巨人に勝った事、クックを打った事、石原が試合を決めた事は痛快この上ない喜びだが、クックの乱調も手伝っての事である。バティスタと松山は無安打に終わっているのだ。問題はまだ何も解決していない事を忘れてはいけない。大事なのは明日からの戦いである。

<巨人ー広島 5回戦>◇2019年4月17日 (熊本市・リブワーク藤崎台球場)
  123 456 789  R 安 失
広 001 000 103  5 8 2
巨 200 002 020  4 7 0

勝利投手 [ 広島 ] フランスア (1勝1敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] クック (0勝1敗4S)
セーブ [ 広島 ] 中崎 (0勝2敗2S)
本塁打 [ 広島 ] 菊池涼2号(3回表ソロ)
[ 巨人 ] 丸5号(8回裏2ラン)
広島バッテリー 野村、一岡、フランスア、中崎 - 會澤、石原
巨人バッテリー 高橋、田原、吉川光、宮國、中川、クック - 炭谷

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒