子どもらのことなど

次男(5歳)の苦悩

 次男(5歳)、今のところ四兄弟の中でいちばん繊細で長男とは真逆の性格ともいえる。

 9月に入ってからずっと運動会の練習を楽しそうにしながら楽しみにしていた。それが今週に入って突然、「運動会に行きたくない」と言い出した。

 理由を聞くと、「マイクで自分の名前を言うのが嫌」だと。「言わんでええやん」と言うてみたものの「先生に怒られる」と。先生も怒ったつもりも無いだろうが、みんな言うんやし「ちゃんと言おうね」ぐらいのことは言うてるだろう。それでも子どもにしてみたら、強制=怒られると感じるのかもしれない。「ほな行かんでえーで」と言うてあげてその場はいったん収まった。

 そして、自分で先生に運動会行きませんって言えるか?と聞くと嫌だと言う。まあそらそうだろうな。

 次の日。保育園に行って三男が「運動会休む」と先生に言うたらしいが、三男が言うので冗談にとったらしく「こんな事言うてました」って教えてくれるので訳を話した。

 さあ、驚いたのは先生のほう(笑)まあここまで一所懸命練習してきて、今更って感じだろうな。僕が先生でもそうなると思う。その日も家に帰ってからも「行かへん」とは言うものの、心のどっかで行きたい気持ちもあるんだろう。何回も何回も「僕、運動会行かへん」を繰り返す。どうやらこれはかまって欲しいらしい。

 なので今度は「じゃあ、先生に、マイクで名前言えませんって、父ちゃんが言うたろか?」と聞くと、「うん。それやったら行く」と。結局行きたかったのか。そしてそれほどまでに、名前を言うのが嫌だったのか。

 また次の日に、先生に話しをしてようやく丸くおさまった。

 今回の事では「行きたくないなら行かなければ良い」だけでは済まないって事がわかった。実は行きたくても別の理由で「行きたく無い」って言うてみたりするものだ。

 この繊細でめんどくさい性格はいったい誰に似たのか?と思うが、実は僕の幼少期と全く同じだったりするので、わかり易いのが幸いした。もっとも僕の場合は家でそんな事言っても全くわかってもらえず、「そんな事言わずに行け」ですまされたもんだ。なので今こんなにひねくれてるわけだが。

 明日はいよいよい運動会。新しいカメラもレンズもなんとか間に合った(笑)。そして何より保育園の運動会は弁当がいらんので楽だったりする。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ