子どもらのことなど

小学2年国語「スーホの白い馬」

子どもたちが学校の宿題で毎日国語の音読をする。

ちょうど今、2年生の次男が読んでいるのが「スーホの白い馬」だ。

最初に聞いた時に「懐かしい」と感じたのだが、よくよく考えるとタイトルは覚えているが、内容が全く出てこない。

恐らく自分が子どもの時にも教科書に載っていたんだろう。

そして改めて読んでみても、へーこんな話なのか。と。まるで初めて読んだかのような感覚だ。仮に僕が8歳の時に習ったとしたら40年前という事だ。タイトルだけでも覚えていたのはマシなのかも知れない。

それにしても「大造じいさんとガン」や「ごんぎつね」なんかもそうだが、教科書に載る作品ってそんなにずっと変わらんもんなのか?と思ってちょっと調べてみたら光村図書出版の小学校国語教科書「二年・下」だけに載ってるんだな。光村図書の教科書である限りずっと載ってるという事か。なるほど。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ