エラー、トラブル

パソコンの電池交換事例

 先日、朝一でお客様から電話があり、「インターネットにつながらなくなったので見に来てくれ」と。

 さっそく訪問して、確認すると

このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。
このWebページで提示されたセキュリティ証明書は、有効期限が切れているかまだ有効ではありません。

セキュリティ証明書の問題によって、詐欺や、お使いのコンピューターサーバーに送信される情報を盗み取る意図が示唆されている場合があります。

このページを閉じて、このWebサイトの閲覧を続行しないことを推奨します。
●ここをクリックしてページを閉じる。
●このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)

この症状はほとんどの場合、パソコンの時計が狂ってることが原因で、だいたいの場合、2010年1月1日とかになっているので、時計を合わせてあげるとネットも見れるようになる。

が、今回の場合はいったん時計を合わせてネットに繋がることを確認してから、一度パソコンの電源を切り、コンセントを抜いた後、再度パソコンを起動させた時にまた時計が2010年1月1日に戻ってしまった。この場合はパソコン内部のボタン電池切れ。

なので、カバーを開けてこの電池を交換して無事に作業完了。

今回のパソコンはLenovoのH330 [11851UJ]、2011年のパソコンで、すでに6年以上たっている。基本的に電池の有効期限は4年となっているので、切れたからどうって事は無いのだが、多くのパソコンが10年近く切れない事のほうが不思議なんだが、まあちょくちょくあることなので、参考までに

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒