パソコン

windows10のフォルダ表示をwin7仕様に変更

ウィンドウズをwin7からwin10にアップグレードして、決定的に変わった事がある。

それはフォルダの中のデータの詳細表示がファイルごとにわからなくなった事だ。

windows7では、上の写真のように、そのファイルのファイル名、日付、ファイルサイズなどの情報がフォルダ下部に表示されていた。

これがwindows10で無くなったのだ。これは写真を整理する時に非常に不便である。

ただしこれがwin10のデフォルト仕様なのでwin7と同じ表示が出るようにするたには、設定ではなくカスタムが必要となる。

カスタムには、「OldNewExplorer」というソフトを使う。

MSFN.orgのフォーラムからダウンロードできるようになっている。
https://msfn.org/board/topic/170375-oldnewexplorer-118/

ダウンロードしたファイルを解凍して実行すると次の画面になるので「Install」をクリックでインストール実行。

後は、「Use command bar insted of Ribbon」にチェックを入れるとフォルダ上部のリボンが表示される。
「Show details pane on the bottom」にチェックを入れると、フォルダ下部のファイルの詳細表示が表示されるようになる。

これでストレスが無くなった。意外と小さい事がストレス溜まるのよな。。

パソコン販売修理設定、web制作、ホームページ作成

GARAGE MASTER MOJA
ガレージマスターモジャ
兵庫県姫路市船津町2039-6

福永商会
兵庫県相生市矢野町榊731
代表 福永 雅文

TEL090-3990-0645

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒