子どもらのことなど

小学4年生国語下「ごんぎつね」

9月に入って2学期になり新しい教科書をもらってきた。

長男4年生、「国語四 下 はばたき」光村図書

そこに載っているのが「ごんぎつね」新見南吉 作 だった。

まだこれ使ってんのか?懐かしいというよりも、タイトルは覚えているが物語はすっかり忘れてしまっていた。

読んでみたけど、こんなに長い話だったのか?そしてこんな終わり方だったのか?これ本当に僕が習ったごんぎつねと同じなんだろうか?

いや、まったく覚えてないな。そういえば「大造じいさんとガン」って四年生じゃ無かったっけ?違ったのかな?

そしてごんぎつね以外は「プラタナスの木」「ウナギのなぞを追って」「初雪のふる日」など、全く知らないお話ばっかり。それほどごんぎつねが良い話だって事なんだろうか。

それにしても子どもの頃から疑問だったが、太宰とか漱石とか井上靖みたいな純文とかの古典的なやつはなんで教科書に載らんのだろう?すごく疑問だ。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ