mojaの生き方

恐怖のインフルエンザ薬

今日の読売新聞。

そしてNHKニュース。

インフル異常行動 10代最多 死亡4人 “薬との関係不明”
2019年10月29日 17時59分

昨シーズン、インフルエンザを発症して治療薬を服用したあとに、高いところから飛び降りるなど、異常行動を起こした患者が42人いて、このうち4人が死亡していたことがわかりました。厚生労働省は、異常行動と薬の服用との因果関係は不明としたうえで「周囲の人は注意深く、経過を観察してほしい」と呼びかけています。

厚生労働省によりますと去年9月以降の1年間に、インフルエンザを発症して治療薬を服用したあとに、突然走り出したり、高いところから飛び降りたりするなどの異常行動を起こした人が42人確認されました。

このうち4人が、飛び降りたり側溝に落ちるなどして死亡したということです。

異常行動をおこした人を年齢別に見ると10代が最も多く15人、10歳未満が11人と、子どもが特に多くなっています。

薬別では、タミフルが19人、新しい治療薬のゾフルーザが16人、リレンザが4人、イナビルが3人となっています。

厚生労働省は「治療薬を服用していない患者も異常行動を起こすことがあり薬との因果関係は不明」としたうえで「インフルエンザの患者は、家族など周囲の人が注意深く経過を観察してほしい。特に発熱2日目までに異常行動が起きることが多く、注意してほしい」と呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191029/k10012155421000.html

いや、このニュース42人てすごい数やで。

「薬との関係不明」「治療薬を服用していない患者も異常行動を起こすことがあり」と書かれてるけど、薬飲んだ人間が19+16+4+3=42じゃないのか??どこに服用していない人間が入ってる??

おかしくないか?

インフル程度なら薬なんか飲まんでも最大で5日ほど寝たら治るがな。ましてやそんなおっそろしい薬売るなよ。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒