mojaの生き方

氏神様にご飯さんをお供えさせていただいた。

わが村にあるお宮さん、金峯神社。

金峯神社 我が村、相生市矢野町榊にあるお宮さん。「金峯神社」恐らく正しくはきんぷう神社と言うのだろうが、地元の人はこんぷ神社と言っている。 ...

田舎に住むと、いろいろな当番が回ってくる。そのうちのひとつが、お宮さんのお世話。隣保単位でその役割が回ってくるので、何年かに一度の事ではあるが2018年度はうちの隣保が当番にあたっているので4月から何度かお宮さんの掃除に参加させていただいた。

そして今月は、お宮さんにご飯さんをお供えするというのが、我が家の当番となった。というか、お宮さんにそれをお供えするのだという事を初めて知った。

お内仏なら、ご飯さん、或いは御仏飯と言うが、果たしてお宮さんでもご飯さんと言うのだろうか?わからないのでここでは「ご飯さん」と言う事にする。

お供えするのは、今日1日と15日の2回。ひょっとしたら、昔は毎日だったのかも知れない。とにかく今は月のうち2日だけお供えするらしい。

お供えするための器は、

こんなおかもちのような箱に入って回ってくる。

中を開けると、

御仏飯と同じような器が入っている。実際にお供えするのは、洗い米。これもなぜかは分からない。ただ、昔はご飯さんをお供えしていたらしいが、現在では洗い米とされている。多少、簡略化されたのかもしれない。

お供えさせていただくのは

拝殿の一番奥の御神殿の中である。まさか自分であの扉を開ける日が来るとは夢にも思ってなかった。そういえば、出雲大社に行った時、ちょうどその日のご飯さんをお下げする時間で、その儀式が行われていた事を思い出した。あれか!!

View this post on Instagram

氏神様にご飯さんをお供えさせていただいた。

Masafumi Fukunagaさん(@moja.asia)がシェアした投稿 –

初めて覗いた本殿の中。なんと、ご神体は鏡だった。「昔はよく、鏡も盗まれたんやで」と、村のばあさん。ご神体盗むて何考えてねん??てか、この枯れてない榊はだれが世話してんねん???

もっすごい謎だらけだったが、これが本殿でここに天神さん、そして脇の拝殿に権現さんが祀られているという事だ。

ちなみに権現さんの拝殿には

扉の中にさらに拝殿があった。マトリョーシカ的な??そしてやはり榊があるし、拝殿の中の拝殿に仏さんみたいな神様がいてはる。。よくわからんが、これこそが権現様なのだろう。

ご飯さんは朝上げて、その日の夕方に下げる。今回はとても貴重な経験をさせていただけた。ありがとうございました。

ABOUT ME
moja
もじゃ