漫画

このマンガが面白い!『ミツナリズム』鈴木コイチ

現在週刊モーニングで連載中の『ミツナリズム』鈴木コイチ

主人公は石田三成。これがまた面白い。

明智光秀の三日天下も終わり、次に覇権を握るのは柴田勝家か羽柴秀吉か、という時勢。後に関ヶ原の戦いにて西軍を組織し、敗れ去ることになる若き日の石田三成は、主君・秀吉の足袋の破れを気にしたり、火鉢の火力の弱さに文句を言いながら日々を過ごす。そして大谷吉継とともに、基本的には戦の裏方に回る三成は、イケイケの福島正則や加藤清正と揉めたりもする。石田三成が小うるさく主張すること、それが「ミツナリズム」!
モーニング公式サイト

この作品の一番の面白さは、作風がカジュアルに描かれているところだろう。過去、石田三成をこれほど軽く描いた作品を僕は他に知らない(あれば教えて欲しい)。

三成に限らず、秀吉、福島正則、加藤清正、大谷吉継他、登場人物のすべてが面白く描かれているにもかかわらず、全体のストーリーは通説から外れていない。

ただし、例外もある。島左近に対して三成が頭を下げたのではなく、島左近のほうから三成の元へ押しかける形で家臣になった。

また第一話、始まりが賤ヶ岳の戦いの1年前、天正十年の近江から始まった事にも意外性があった。三成の逸話にある、少年時代をばっさりと切り捨ててあるのだ。

現在物語は第55話「忍城攻め⑤」まで進んでいて、単行本は3巻まで。この作品が関ケ原の終わりまで続くとしたら、まだ何年もかかるだろう。完結した暁には、是非大河で見てみたい。そんな作品である。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ