漫画

「フイチン再見!」手塚治虫の苦悩

 今週発売になった「ビッグコミックオリジナル」その中で予想外に面白かったのが村上もとかさんの「フイチン再見!」毎回面白くて、安定の作品ではあるのだが今回はとくに手塚治虫の苦悩が書かれていて、あの人にもこんな一面があったんだと。

 現在「ビッグコミック・スペリオール」で連載中のコージィ城倉さんの「チェイサー」の中で描かれている手塚氏とほぼ時代がかぶっていると思うが、両作品の手塚氏の捉え方の違いが面白い。

 もっとも「フイチン再見」は上田としこさんの伝記的なものだろうから、これが本当の手塚治虫さんの姿なのだろう。天才ゆえの苦悩。その相談にのる上田としこさんはすごい人やったんやね。改めて尊敬しました。

村上 もとか (著) ビッグコミックス

 

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ