子どもらのことなど

中(ちゅん)とイーソーを間違えた三男

麻雀牌にはまんず、ぴんず、索子(そーず)と種類があり、それぞれに1から9までの牌がある。

ちなみにこれが索子。

左から1から9まで並んでいて、「1」は鳥の絵になっている。

そして

このような「中」と書かれた牌の事を「ちゅん」と呼ぶ。

僕がパソコンで麻雀を打ってるのを後ろで長男と三男が見ていた時、多分その時僕が「中」で待っていたんだ。
そして長男と何待ちかわかる?みたいな会話で「ちゅん」みたいな会話をしていた。

三男が「イーソー」を指さして、これや!ちゅん!これがちゅんやろ!と得意げに叫んだ。

三男には「イーソー」が雀に見えたらしい。なるほど確かに「ちゅん」だな。僕と長男が笑い転げたのは言うまでもない。

うちの三男ってどうでしょう?

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ