mojaの生き方

日本列島沈没

昨日、

降り続く雨に見た街の安全今週に入って雨が続いている。 火曜日に結構な雨が降り、水曜日はいったん落ち着いたが、また昨日木曜日からずっと降り続いている。 ...

これを書いた直後に相生市にも警報が出た。まずスマホに速報が届き、その直後に町内放送が流れる。しばらくしてから保育園から出来るだけ早くお迎えに来いというメールが来て、小学校も13時半にお迎えお願いします。と。

僕は仕事が入っていたが、幸い母ちゃんが行けたので助かった。雨はどんどんひどくなり、えんえんと降り続く。九州や広島で大雨特別警報のニュースが流れる。時間がたつにつれて、鳥取や岡山までも警戒区域が広がる。夜になってもやむ気配は一向に無い。

 各地で土砂崩れや冠水の被害が始まる。広島も例外では無い。かつてこれほど大規模、広範囲に渡る雨の被害があっただろうか?しかも台風ではない。

 夜になると、姫路の一部も避難指示が出始めた。幸い、実家の船津も相生市も大きな被害も避難勧告も無い。各地では鉄道が止まり高速も通行止めが増えて、2号線が渋滞どころか全く動かない状態だと。それが県道にも広がり交通機関も麻痺。

 この状況を各自治体で、どれほど予測していただろう??自然災害は予測不能とはいえ、交通機関の乱れは多少なり予測ができるだろう。可能な限りの移動はストップさせるべきだろう。フェイスブックやツイッターを見て感じたのは、無駄に出社している人が多いことだ。在来線が止まってるから新幹線で出社の指示があったとか、ありえないだろう?帰りに新幹線がストップする事ぐらい想定できないか?

 そして深夜。

鳴ったんかな?爆睡してたわ。全く気付かず。

Masafumi Fukunagaさん(@moja.asia)がシェアした投稿 -

ここ相生市でもどうやらスマホが鳴ったようだが、結局それは聞こえる事が無かった。
今朝おきて気がついた。幸い何事も無く助かった。

しかし、岡山広島方面はかなりの被害が出ているらしい。

三原でも

福山も

なんとも凄まじい。亡くなられた方もあるようだ。

今、10年前では考えられなかった自然災害が起きている。どうしてこうなったのか?これでも各地の原発は本当に安全なのか?
原発を動かしたまま、あるいは再稼動を進めて、なおかつ各地で山を削ってぺらっぺらの太陽光パネルを置いて、それでも飽き足らず、各地の野池にこれまたぺらぺらの太陽光パネルを浮かべ生き物の住処を奪う所業を繰り返す。どこまで強欲なのか??

このまま放っておけば、いずれこの国は本当に沈む事になるだろう。その前にそろそろいったん立ち止まる時が来たんで無いだろうか?

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ