mojaの生き方

法林寺報恩講2018

うちの近所の本願寺派のお寺、法林寺の報恩講に参らせていただいた。

今年で3回目になるだろうか。自分とこの組内のお寺が遠くなり、時期も悪く中々行けなくなったので、近所で参らせていただけるのはありがたい。

そしてここでの楽しみはやはりご法話なのである。

今年の御講師は、富山市 順正寺の松尾宜昭先生。本願寺派の布教師の方のお話は本当にわかりやすい。

「阿弥陀如来の本願は
かならず救うまかせよと
南無阿弥陀仏のみ名となり
たえず私に喚(よ)びかけます」

「この喚び声を聞き開き
如来の救いにまかすとき
永遠に消えない灯火(ともしび)が
私の心にともります」

宗祖・親鸞聖人が教えて下さったこと:「南無阿弥陀仏」とは、後生にたった一人で出ていかなければならない私一人に向けて、阿弥陀如来が「後生のことはワレにまかせよ」と常に叫んで下さってる喚び声(絶叫・雄叫び)である。

と、いう事だった。ちなみに喚び声の「喚ぶ」はこの字でなくてはならない。

なんとも、どストレートなお話だった。直球がバンバン来る感じ?
南無「帰依せよ→憑(たの)め」
阿弥陀仏「ワレ(阿弥陀仏)を」
というのうが宗祖親鸞聖人の意訳であると。。

そして、「二河白道」のお話があった。これまで聞いた、どの仁河白道のお話よりも分かりやすかったように思う。
ある意味、そんな簡単な事やったんかと。。

やはり、色んな方のお話を聞く事がもっすごい大事な事だと思った、今年の法林寺報恩講。

明日から、いよいよ西勝寺報恩講である。ちょっと酒をひかえて、真剣にお話を聞こうと思うwwwww

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ