carp2019

いつか来た道2019

阪神のスタメンは、今季初スタメンの鳥谷が一番。そしてカープは五番に安部、七番レフト龍馬。先発は大瀬良大地対メッセンジャーの開幕投手対決。

一番ショート田中広輔
二番セカンド菊池
三番センター野間
四番ライト誠也
五番サード安部
六番ファースト バティスタ
七番レフト龍馬
八番キャッチャー會澤
九番ピッチャー 大瀬良

一番ショート鳥谷
二番センター近本
三番ライト糸井
四番サード大山
五番レフト福留
六番ファースト ナバーロ
七番セカンド糸原
八番キャッチャー梅野
九番ピッチャー メッセンジャー

初回いきなり先頭の鳥谷がセンター前に運ぶと、初回から近本送りバント。もう矢野さんも必死だよ。。それが得点圏打率0の四番大山にまたセンター前で大瀬良いきなり失点。

三回、ツーアウトから大瀬良がチーム初ヒットの二塁打を放つと田中が四球を選んで菊池がレフト線へタイムリーで同点。二死二、三塁で野間セカンドゴロ。。
四回、先頭の誠也がレフトへ3号ソロ、やっと逆転。

今の阪神相手ならこのまま逃げ切るか追加点で突き放すかってところなんだけどな。。

六回には二死満塁の場面を作るも、龍馬がセカンドゴロ。

そんな事をやっとるもんだから、結局七回に糸原ヒットから、梅野を三振にとってメッセンジャーの代打中谷に逆転のツーランを打たれるんだわ。。
そしてその裏、代わった桑原が先頭に會澤に死球で無死一塁。それを大瀬良の代打堂林が送って一死二塁になると、ここで能見登場。田中広輔打ち上げてサードフライ。二死二塁になって菊池がファアボールを選んで二死一、二塁となって、野間。ここもサードフライ。

後はジョンソン、ドリスの前に見せ場無し。9回出た代打松山は空振り三振でこれで14打席無安打。

これは一体全体どうした事だ??三連覇中のチームなら、6回追加点で7回にダメ押しってパターンだったろうに。全く打線が繋がらない。今日は野間が一犠打の無安打。
もうチーム状態が悪すぎる。これで開幕から2勝5敗の最下位。21得点26失点の得失点差-5、打率.226、防御率3.25となった。

まだたったの7試合、たったの5敗と言うけど、これを、その借金を取り返すのがどれだけ大変な事か、ほんの少し前まで散々苦労してきた事じゃないか?このままずるずるといつか来た道を戻るのか、ここから逆境を這い上がるのか?この週末が正念場になるだろう。赤の魂を宿す者はどんな逆境をも跳ね返す。今がその時だ。

<広島ー阪神 1回戦>◇2019年4月5日 マツダスタジアム
  123 456 789  R 安 失
阪 100 000 200  2 6 0
広 001 000 000  3 6 0

勝利投手 [ 阪神 ] メッセンジャー (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 大瀬良 (1勝1敗0S)
セーブ [ 阪神 ] ドリス (0勝0敗2S)
本塁打 [ 阪神 ] 中谷1号(7回表2ラン)
[ 広島 ] 鈴木3号(4回裏ソロ)
阪神バッテリー メッセンジャー、桑原、能見、ジョンソン、ドリス – 梅野
広島バッテリー 大瀬良、一岡、レグナルト – 會澤

6人の赤ヘルレジェンドたちが伝授「広島カープ」の破り方
緒方監督「僅差で勝てなかったのは悔しい」一問一答
広島高卒新人コンビが1番と4番に 水本2軍監督「カープを背負う選手に」

ABOUT ME
moja
もじゃ