carp2019

誠とイソとボクコクボ/対中日4回戦

色々な事が起こった試合だった。まずは試合前、誠也がスタメンを回避した。あまり情報が無いが、足をひずっていたとかなんとか。明日は大丈夫なのかどうか?それさえも定かでは無い。

その影響で組まれたスタメンがこれだ。。

【中日】
1番・右翼 平田
2番・遊撃 京田
3番・中堅 大島
4番・一塁 ビシエド
5番・左翼 アルモンテ
6番・三塁 高橋
7番・二塁 堂上
8番・捕手 加藤
9番・投手 大野雄

【広島】
1番・遊撃 田中広
2番・二塁 菊池涼
3番・右翼 長野
4番・一塁 バティスタ
5番・中堅 野間
6番・左翼 高橋大
7番・捕手 磯村
8番・三塁 小窪
9番・投手 アドゥワ

3番に長野、4番バティスタ。その後ろもどうなんだ?なスタメン。アドゥワが投げるからなのか、磯村がスタメン。

中日先発は、大野雄大。ここまで3試合で1勝1敗、防御率2.75、前回の対戦は4月2日のナゴヤドーム。7回を投げて4失点。この時、チームは4対4の同点から、8回に島内が投げて逆転負けだった。

だがその試合で、大野からは初回に野間ソロ本塁打、三回は菊池が1号2ラン、七回に長野が移籍後初本塁打の1号ソロで4点を奪っている。勝機は十分あると思っていたんだが。

そしてアドゥワ誠のプロ初先発の試合は雨の中始まった。初回先頭の平田、アドゥワの初球をバックスクリーンへ運ぶ。だが若干二十歳にして昨年日本シリーズをも経験した男は、やはり落ち着きがある。その後を崩れる事なくをきっちり抑えてみせた。

その裏、すぐに打線が長野の犠牲フライで1点を返すと、2回今度はなんとスタメンマスクの磯村がレフトアッパーデッキへ1号ホームラン。結局アドゥワ誠は7回105球、平田にソロ2本の2失点でマウンドを降りた。

そして同点のまま9回、中日は5試合に投げて無失点のマルティネス。バティスタ、野間が繋いで一死一、二塁にすると髙橋の代打龍馬が四球を選び満塁。中崎の代打安部が三振に倒れ二死満塁となり、スタメンサードの小窪に回った。

初球ボールの次の2球目、詰まったあたりはセカンドの後ろ、ライトの前にポトリと落ちた。今季2度目のサヨナラ勝利。試合を決めたのはベテランサード小窪の一打。奇しくもこの日は衣笠さんの御命日であった。

序盤に若手が二人で試合を作り、最後にベテランが決めた試合。本当ならアドゥワ誠に勝ちがつけばベストだったんだろうが、それは仕方が無い。この投球を続ければすぐに勝ち星もついてくるだろう。

そしてチームはカード初戦に勝って5連勝となり4位浮上。まずは5割まであと2つ。このカードに勝ち越せばそれはもう目の前になる。今のチーム状態であれば、いともたやすい事だろう。

岩本の出番はまだか??

<広島ー中日 4回戦>◇2019年4月23日 マツダスタジアム
  123 456 789 R 安 失
中 100 010 000 2 6 0
広 110 000 001× 3 8 1

勝利投手 [ 広島 ] 中崎 (1勝2敗2S)
敗戦投手 [ 中日 ] R.マルティネス (0勝1敗0S)
本塁打 [ 中日 ] 平田2号(1回表ソロ)、平田3号(5回表ソロ)
[ 広島 ] 磯村1号(2回裏ソロ)
中日バッテリー 大野雄、R.マルティネス – 加藤
広島バッテリー アドゥワ、フランスア、中崎 – 磯村、會澤

緒方監督、好投アドゥワは「大したもの」一問一答
衣笠さん一周忌、広島が教え継承し総力戦で劇的勝利

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒