mojaの生き方

春分の日(二十四節季)

春分(二十四節季)
春分の日は昼夜の長さがほぼ同じになる日。この日から夏至まで日が延びて、夜が短くなっていく。年によって3月20日か21日のいずれかになる。および清明までの期間。啓蟄から数えて15日目頃。

春分の3日前から7日間を春の彼岸となり、春分は「彼岸の中日」にあたる。

社日(しゃにち)
春分、秋分に最も近い戊(つちのえ/いぬ)の日のこと。(前後同同じの場合は、前の方の戌の日が社日になる)

「社」は、生まれた土地の神様(産土神・うぶすながみ)のこと。この日に産土神を参り、春には五穀豊穣を祈り、秋には収穫の感謝をします。

春の社日は種まきの時期、秋の社日は収穫の時期にあたり、農業において大切な時期になります。

旧暦の慣わしに従えば、春分に雨が降れば秋には実り多いと言われ、農家は秋の豊作を願い、田植えに忙しい。ゆえに「春分有雨家家忙、先種麦子後插秧(春分の雨にはすべての家が忙しい、まず麦を播きそれから田植えする)」といった農家に伝わることわざもある。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ