mojaの生き方

とんど2020

1月13日月曜日、成人の日の祝日、今年もとんどが無事にすんだ。

今年はとんど建てからガッツリ働いた。たいしてなんもせんかったけど。むしろ足手まといだな。

うちの村のとんどは、芯の竹を立て、その周りに6本ほどの竹を立て、その中に炊きもんをほり込んで、さらに竹で囲うやりかた。中にはお宮の門松なども入っている。

他ではあまり見ない形だ。これも村々のやり方があるのだろう。ここでは昔からこれしかやった事が無いと村の年寄りは言う。

朝からちょうどお昼までかかってようやく完成する。

しかも立てるだけでこれだけかかる。前日までに竹を山から切り出したり、炊きもんをあらかじめ準備したりの作業がすんでいるのだ。

とんどを立て終わり、15時過ぎに子どもたちを姫路駅まで迎えに行き、16時の点火に間に合うか微妙だったが、ギリギリ間に合った。

16時、点火。
あれだけ苦労をして立てたとんども一瞬で燃えつきる。

そして徐々に崩れ落ち、これくらいになると、炭をいただいて、めいめいに餅なぞを焼く。

よそがみんな五徳で焼く中、うちだけ五徳が無くて七輪で焼く。今年こそ来年のとんどまでに五徳を買わねば。

今年も美味しくお餅がいただけた。

ありがとう、とんど。ありがとう榊の村の皆さま。これで今年も元気に過ごせる事だろう。

この投稿をInstagramで見る

とんど。

ほんわか。小さな嬉しいこと綴り かたつむり舎福永万琴(@katatsumuri88)がシェアした投稿 –

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒