mojaの生き方

最後の検診

四男の三歳児検診が終わった。

これで長男の4か月検診から始まった全ての検診が終わった事になる。

4人の4か月検診、10か月検診、1歳半検診、3歳児検診に行くためにその都度仕事を休まなければならないというのは、これはどうなのか?

4か月、10か月は医療機関なのでこちらの都合で行けるが、1歳半と3三歳児検診に至っては日時と場所が指定されていて決められ日にしか行く事ができない。

いったい誰がうちの家計の補償をしてくれるというのか?

そして今回3歳児検診で感じた事がある。まあ毎回あったのだが、あえて今まで何も書かなかったのだ。

まず3歳児検診に行くと、最初に歯科検診と眼科検診が行われる。そして歯科検診が終わると歯ブラシを貰えるのだが、保健師の人が四男に対して、青とピンクの2本の歯ブラシを差し出して「どっちにする?」と聞かれた。
四男が迷わずピンクを選んだ時に保健師が僕に向かって「本当にいいんですか?」と聞いて来た。もう全く意味が分からない。
あなたが聞いて、息子が選んだだろうが。良いも悪いもあるか?男の子がピンクを選ぶと何が問題なのだ?まるで森喜朗レベルの保健師だ。

長男の時から毎回そういった事があって、本当に嫌になった。こんなレベルの人たちにいったい何を診てもらえというのか?

眼科検診が終わると次に保健師による問診がある。そこで名前と年齢を聞かれたが四男は人見知りのスイッチが入って全くしゃべらなくなった。一応その後の絵を見て大、小を選んだり、鉛筆を持たされて丸を書く事はできた。

その後内科の検診が終り、全部終わったかと思ったら、もう一度保健師が前に座って、「名前と年齢が言えなかったみたいですね」って。だから何が問題があるねん?どーみても恥ずかしそうにしてるやんけ。

そんな事も見分けがつかんのか?人によってはこれで発達障害を疑われるらしい。そーゆーのが僕がこの検診を疑問に思う点である。

その後も色んな事を聞かれて、「お片付けは自分でできますか?」と聞かれたので「いいえできません」と言うたらすごい不審な顔をされた。

だいたい親が片付けができないのだ。なんなら物がありすぎて片付ける場所も無い。子どもたちには時々集中的に片付けをさせるけど、普段はちらかしっぱなしである。何が悪い?そんな事で発達障害を疑われるとたまったもんでない。

さらに三男の時は僕が検診に行った事で母親が来なかった事を不審に思ったのだろう。後日ご丁寧に保健師が家にやってきた。「ちょっとお母さんの顔がみたかったので」やと。

それなら最初から日時指定までしてわざわざ呼びつけるな。だいだいうちの子は保育園に通ってるのだ。保育園での様子を見てもらえれば、他人としゃべれるかどうか、コミュニケーションがとれるかどうか判断できるだろう。

共働きゆえに保育園に通えてるのだ。なら、検診に行くために仕事を休まなければならないくらい頭がまわらんか?保育園で検診の日を作ればすむ話である。その上で親と話がしたければ仕事が休みの日か平日の17時以降に訪問してくれればよい。

もちろん困ってる親の相談にはその都度対応しながら、もうちょっと柔軟な対応ができんもんか?と不思議に思う。

いちど母子保健法から見直してもらいたい。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ