carp2019

屈辱の開幕カード

開幕カード3戦目。

初回に先制したのはカープ。

ところが2回、あっさりと逆転を許すと3回にまた追い付いて2対2。5回に巨人に1点が入り3対2、8回また追い付いて3対3。

昨年までのこのカードならここから一気に勝てる流れだったはずだ。。

ところが、9回に登板した中崎が安部と會澤の連続エラー絡みで3失点でCエンドとなった。

今季一番負けたく無い相手にマツダスタジアムで負け越し2連敗。開幕カード云々よりも巨人だけにはマツダで負けて欲しく無かった。それがいきなり現実のものになるとは、ファンにとってこれ以上屈辱的な事は無いだろう。

しかも9回にエラー絡みで失点とかアホみたいな負けた方。こんな試合で本気で4連覇を目指してるというのがバカらしくなる。例え4連覇しても巨人に負け越しましたでは、そこになんの価値も無くなるのだ。
この負けは投手だ野手だ監督だと言うレベルの話では無い。もう一度気合いを入れなおして次からのゲームに臨んでいただきたい。

まあ、文句ばっかり言ってもしょうがないので、この日の良かった事も書いておこう。

まず、この日のスタメン、、
1(遊)田中広輔
2(二)菊池涼介
3(中)野間峻祥
4(右)鈴木誠也
5(一)バティスタ
6(左)坂倉将吾
7(捕)會澤翼
8(三)安部友裕
9(投)九里亜蓮

野間が3番に上がって、レフトで6番に坂倉。この野間が、死球、右安、左2、二ゴロと2安打3出塁、打率5割。これは調子が落ちるまで続けていいんじゃないか?
そして7回の守備からレフトに入った長野がその裏移籍後初打席で初ヒットが出た事。これもまあ一安心という所だ。。
最後は中崎に変わった、これも移籍後初登板の菊池保則が抑えてくれたのは少し希望が持てるところだろう。。

最後に気になったのは、9回長野の頭を超えたレフトへの打球だ。あれを緒方監督は、「緒方監督 難しい、難しい。誰でも捕れてない。前進守備させている。こっちはそういう指示を出してやっているわけだから。誰でも捕れてないでしょう。」と言った。確かにそうだろう。松山でもバティスタでも坂倉でも捕れなかったかもしれない。だがしかし、野間だったらどうだろう?長野さんであそこまでギリギリで捕れない打球なら、ひょっとしたら野間なら捕れたんじゃないか?と思える。

現状では確かにセンター野間が鉄板の守備ではあるが、レフト野間がいなくなったのは、ひょっとしたら丸が抜けた最大の穴かもしれない。。

菊池保、移籍後初登板で好リリーフ「抑えられてよかった」

緒方監督「ミスない143試合ありえない」一問一答

広島長野が移籍後初安打「守備で…」悔し初失策も

【広島】3年目捕手の坂倉、外野でプロ初先発もホロ苦の無安打「悔しかった」

【広島】最終回3失策で逆転2連敗…マツダ開場以来初の開幕カード負け越し

<巨人―広島 1回戦>◇2019年3月31日 マツダスタジアム
  123 456 789  R 安 失
巨 020 010 003  6 9 1
広 101 000 010  3 10 3

勝利投手 [ 巨人 ] 中川 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 中崎 (0勝1敗0S)
セーブ [ 巨人 ] クック (0勝0敗2S)
本塁打 [ 巨人 ] ゲレーロ1号(2回表2ラン)

巨人バッテリー 畠、戸根、吉川光、桜井、中川、クック - 小林
広島バッテリー 九里、ヘルウェグ、レグナルト、フランスア、中崎、菊池保 - 會澤

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ