本と。

半世紀の箱庭

モーニング18号に掲載の読み切り、「半世紀の箱庭」かやまゆう

どれくらいの未来だろうか?太平洋上に地球と宇宙を結ぶ宇宙エレベーター建設され、人類は宇宙へ進出する。いわゆる、スペースコロニー(宇宙空間の居住地)だが、エレベーターでつながっているのが面白い。

主人公の吉田イチと奥さんの満月(みづき)も結婚を機に宇宙に移住した。

その宇宙に、工場、農場、観光ホテルができ「宇宙バブル」が訪れる。それからさらに50年が過ぎ、バブル期の宇宙ホテルは低重力老人ホームとして活用されていた。奥さんの満月は85歳になり認知症を患う。

そこに暮らす人々は20代30代の見た目を保つ事ができる再生治療を行うようになっていたが、脳の障害はまだ未知数で認知症などはまだ治せないのであった。

そんな老人夫婦の宇宙生活のお話で、ある日事故が起きる。

将来、本当に起こりそうな気がしなくもない。歳をとっても宇宙に行っても夫婦の愛は変わらない。そんな宇宙時代の愛の物語。面白かったです。

「半世紀の箱庭」
特別読み切り
作者 かやま ゆう
掲載 週刊モーニング 2019年4月18号 

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ