手当て法

火傷の処置

昨日、草刈りが終わって草刈り機を車に積む時に草刈り機のエンジンに当たって火傷を負った。

昔、整備士をしていた頃は切り傷にはアロンアルファ、火傷にはエンジンオイルが当たり前だった。今でもそれをやるのだが。

切り傷はとりあえず瞬間接着剤でひっつけてしまえば、出血はおさまるのだ。

そして、火傷。車の修理やエンジンオイルの交換をしていると結構ひんぱんに火傷をする事がある。

そんな時はとりあえず患部にエンジンオイル。何度もやったがおかげさまで大事にいたった事は無い。

なぜそうなのか?当時言われていたことは、エンジンオイルは冷却の役割があるので患部を冷やす。という事。だけどこれはおそらく間違いであり根拠は無いと思う。

もうひとつ言われていたのが、油膜で空気と触れないようにする。おそらくこれが正解だ。と思う。正しい事は知らんのであしからず。

で、昨日火傷をしたが、エンジンオイルは無い。だが傷はわりと痛かったので一番近いコンビニに行き、油を買ってみた。

コンビニの油はサラダ油とごま油、と他にもうひとつ何かがあった。で、どれを買おうか悩んだ時に、一番安いサラダ油は体に悪そうだwwwと、まあ買っても残りの処理に困るなと思ったので、とりあずごま油にしといた。

そしてごま油を少し腫れてきた幹部に塗る。エンジンオイルには冷却効果があるが、ごま油には多分それは無いだろう。当時は鉱物油が良いと言ってたように思うがどうだっただろうか。

油を塗って、1時間後に家に帰り見てみると痛みはあるものの腫れはひいたようだ。

今回エンジンオイル以外で初めて試したが、やっぱり油ならなんでもいいようだ。そしていったん油をふき取りアロエを塗った。アロエはおそらく治癒力があるだろうと思う。これも想像だが。

という事でやはり火傷にはアロエがいちばんだ。アロエが無い時は油で代用できるという結果になったww

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ