手当て法

ビワの葉の効能。焼酎漬け

先日、歯が痛くて痛くてもうとてもじゃないくらい我慢できなくなったので、生の枇杷の葉をそのままほっぺたに当てていたらウソのように痛みがひいた。この機会にビワの葉の焼酎漬けを作って置いた。

これまで、ドクダミやヘビイチゴはチンキを作って置いていたが、なぜかビワの葉を漬け込んでいなかった。

せっかく立派なビワの木があるのに。。このビワは以前僕が祝島に行って買って帰ったビワの実から取った種を植えた物だ。今では2メートルを超えている。すっかり大きくなった。もちろん無農薬である。

この葉っぱをちぎって、水洗いをして少しの間天日に干して、乾燥させる。若葉は使わずにできるだけ大きくゴワゴワしたものを選ぶ。

これをザクザク切り刻んで、35度以上の焼酎をひたひたに漬け込む

約3~6ヶ月放置して、ウーロン茶より濃い色に変わったらできあがり。キッチンペーパーやコーヒーフィルターで漉す。残った葉は、布袋に入れてお風呂に入れると良い。ビワの葉は万能である。。

焼酎漬けにおすすめの焼酎はこちら。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒