carp2019

4連覇に向けて始まりの鐘が鳴る。対阪神9回戦

先週日曜日に1失点完投勝ちのアドゥワ誠の出番。受けるのは磯村。磯村は6打席連続ヒット中。さらに前日今季初安打、打率10割の崇司が初スタメン。敵は秋山。前回対戦で7回3安打に抑え込まれた。のは、まだ4月。
あの時とは打線の勢いが別人であるが、、さてどうだろう??

1(中)近本 光司 左 .287
2(二)糸原 健斗 左 .245
3(右)糸井 嘉男 左 .312
4(三)大山 悠輔 右 .251
5(左)福留 孝介 左 .262
6(捕)梅野 隆太郎 右 .313
7(一)中谷 将大 右 .236
8(遊)木浪 聖也 左 .239
9(投)秋山 拓巳 左 .000

1(中)野間 峻祥 左 .297
2(二)菊池 涼介 右 .289
3(一)バティスタ 右 .256
4(右)鈴木 誠也 右 .344
5(左)西川 龍馬 左 .264
6(捕)磯村 嘉孝 右 .455
7(三)上本 崇司 両 1.000
8(遊)田中 広輔 左 .166
9(投)アドゥワ 誠 右 .111

またまた初回から得点した。今季、初回に得点した試合ってほとんど勝ってないか??気のせいだろうか?
それもホームランじゃなくてタイムリーが出たのが良かった。まあ誠也なら本塁打でも良いのだが、タイムリーもいったん出なくなると恐ろしくハマっていくからな。

2回には広輔の安打が出て菊池がタイムリー。4回には広輔安打でバティスタ2点タイムリー。ただし2回と4回はともにアドゥワが送りバント失敗。ここは反省点だろう。

だがアドゥワは7回111球、4安打無失点のピッチング。若干二十歳のこの年齢で続けて結果を出し続けるのはたいしたもんだ。過去には佐藤剛士や大島崇行、齊藤悠葵にそれができなかったのだ。もちろんチーム状況も監督もコーチも違うので何も彼らを責めるわけではないのだが、彼らができなかった事を出来るのが本当にすごいと思うのだ。

これで虎に3タテでようやく勝ち越せて5勝4敗だ。最後の一岡の失点は少し残念だった。あれがなければ次のカード以降もカープに対して全く歯が立たないという思い込みができたかも知れないのだが。
それでもこの3連戦で奪った得点は19点、失った点数は3点。開幕から43試合を消化して残りちょうど100試合となり、ここでようやく4連覇型最強の盾と矛が仕上がった。

そしてチームは7連勝で貯金6。さらに巨人が負けて首位まで4厘差。得失点差が+5になった。

まず目標はなんといっても首位奪還だろう。そこにいかなきゃ4連覇は始まらないのだ。ここから4連覇に向けた始まりの鐘が鳴る。

<阪神ー広島 9回戦>◇2019年5月19日 甲子園球場
  123 456 789  R 安 失
広 210 200 000  5 11 2
阪 000 000 001  0 6 1

勝利投手 [ 広島 ] アドゥワ (2勝1敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 秋山 (2勝2敗0S)
広島バッテリー アドゥワ、フランスア、一岡 - 磯村
阪神バッテリー 秋山、谷川、島本、浜地 - 梅野

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ