carp2019

12連戦の終わり、その先にあるもの。対中日9回戦

前日さんざん打ちまくった中日は7番だけ入れ替え。そりゃそうだ、他に代える理由が無い。むしろなんで、遠藤と伊藤が変わったのか??併用してるのか、なめられてるのか、他所のチームの事はよくわからんが。投げるのは大瀬良とロメロ。ロメロとの対戦成績はさっぱりだ。しかしこちらはエース大瀬良。この先連敗だけは絶対に許されない。

1(右) 平田 良介 右 .328
2(遊) 京田 陽太 左 .297
3(中) 大島 洋平 左 .320
4(一) ビシエド 右 .304
5(二) 阿部 寿樹 右 .333
6(三) 高橋 周平 左 .282
7(左) 伊藤 康祐 右 .250
8(捕) 加藤 匠馬 右 .239
9(投) ロメロ 右 .000

1(中) 野間 峻祥 左 .290
2(二) 菊池 涼介 右 .263
3(一) バティスタ 右 .250
4(右) 鈴木 誠也 右 .320
5(左) 西川 龍馬 左 .244
6(三) 安部 友裕 左 .274
7(捕) 會澤 翼 右 .270
8(遊) 田中 広輔 左 .165
9(投) 大瀬良 大地 右 .083

初回にロメロを攻め立てた。先頭野間が四球で出ると、牽制球で挟まれた野間だったが、送球が野間のヘルメットに当たるとその間に野間はサードへ。

菊池、セカンドゴロの間に野間がかえってノーヒットで1点を先制。
するとバティスタが高々とレフトへ7号ソロ。

続く鈴木もセンター越えの10号ソロで初回に3点。

大瀬良は初回を三者凡退に抑えたが2回に3連打で1点を失い、なお一、三塁で7番伊藤がショートゴロの間にまた1点。ギリギリ2失点に抑えた感じだった。

が、結局そこから持ちなおして113球、完投勝利。これぞエースのエースたる所以だろう。
打線はその後、ヒットは出るが後1本が出ない、中日はロメロの痕5人の投手で必死の継投。それに完全に抑え込まれた打線はいつもの2019年型の打線となった。追加点無し、大瀬良の援護なし。タイムリー無し。

初回の3点に救われた。そしてエース大瀬良に救われた試合だった。それでも12連戦を6勝5敗1分けで終えて、チームも何度目かの勝率5割。
良く頑張った。この先交流戦までのカードをコツコツと勝ち越せば、連覇への道がまた開ける。

<中日ー広島 9回戦>◇2019年5月8日 ナゴヤドーム
  123 456 789 R 安 失
広 300 000 000 3 8 0
中 020 000 000 2 6 2

勝利投手 [ 広島 ] 大瀬良 (3勝2敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] ロメロ (2勝2敗0S)
本塁打 [ 広島 ] バティスタ7号(1回表ソロ)、鈴木10号(1回表ソロ)
広島バッテリー 大瀬良 – 會澤
中日バッテリー ロメロ、福、田島、R.マルティネス、ロドリゲス、鈴木博 – 加藤、松井雅

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒