carp2018

3連覇。そして約束の旗を。

 昨日、9月26日、無事にカープが球団史上初、セリーグでは巨人以来のリーグ3連覇を達成した。奇しくも僕の誕生日だった。

9月当初の予想では、15日~20日頃と予想していただけに、かなり遅かったことになる。M1になるまでに6連敗があり、そしてM1になってから2度躓いた。

だが、結果的に地元マツダスタジアムで勝って胴上げできた事は最高の結果だろう。しかも昨日の相手は2位ヤクルト。タクローさんと、河田両コーチという恩師の目の前で達成できた事もすごい事だ。

それもこれも、M1になってからもいや、M2の時からまるでXデーを調整するように勝ち続けてくれたヤクルトのおかげである。もうヤクルト様様だろう。これからカープファンは簡単にヤクルトを飲み干すと言えなくなったよ。。

その上で迎えた昨日直接対決。先発は九里対ブキャナン。誰が九里のあそこまでの快投を予想しただろうか?結果的に10対0の圧勝となった。

<広島―ヤクルト 23回戦>◇2018年9月26日 マツダスタジアム
  123 456 789 R
中 000 000 000 0
広 500 012 20X 10

もう初回が全てだった事は言うまでも無い。田中広輔のセンター前にはじまり、菊池の送りバント、丸のタイムリー、誠也の四球、松山タイムリー、會澤タイムリー、そして優勝までに足踏みしたおかげで間に合った安部の犠牲フライ。
まるで今年のカープ打線の象徴のような攻撃。なんで、これが横浜戦で湿るのかさっぱりわからんが、とにかくこの試合に限ってはすごかった。

後は九里が8回まで121球を投げて、ひたすら0を並べた。締めは中崎。7回には松山の代打で新井。8回はそのままファーストの守備についた。

昨日のスタメンは
一番ショート田中広輔
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ライト誠也
五番ファースト松山
六番レフト野間
七番キャッチャー會澤
八番サード安部
九番ピッチャー九里

とにかく素晴らしい試合だった事は言うまでも無い。
そして古葉監督も、野村克也監督も落合監督ですら達成できなかった3連覇を圧倒的強さで達成した緒方監督。それと、カープナインと2軍もコーチ、裏方を含めた全てのカープ戦士たち。本当におめでとうございます。そしてありがとうございます。

しかし我々の戦いはここで終わりでは無い。今年こそ日本一。そして次なる高みの4連覇を目指して欲しいと思います。

ありがとうカープ!ありがとう広島!!

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒