にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
carp2019

それぞれの開幕2019

ついにこの日がやってきた。2019年開幕戦。

相手が丸のいる巨人となれば、自然に力も入る。
投げ合うエースは、自身初の開幕投手となった大瀬良。対する巨人は今年から背番号18を背負い3年連続沢村賞を目指す菅野。

スタメンは、予想通り3番レフトに龍馬、そしてセンターに野間。
【広島】
1番・遊撃 田中広
2番・二塁 菊池
3番・左翼 西川
4番・右翼 鈴木
5番・一塁 松山
6番・中堅 野間
7番・捕手 會澤
8番・三塁 安部
9番・投手 大瀬良

ただし、下位の並びが野間、會澤、安部だった。
そして巨人は3番センター丸。

【巨人】
1番・二塁 吉川尚
2番・遊撃 坂本勇
3番・中堅 丸
4番・一塁 岡本
5番・右翼 陽岱鋼
6番・左翼 亀井
7番・三塁 田中俊
8番・捕手 小林
9番・投手 菅野

初回いきなり吉川尚輝がセンターに抜けようかという当たりを菊池が止めてたが吉川の足が勝って大瀬良はランナーを背負う。そこから大瀬良の剛腕モードで坂本勇人を三振に取り、迎えるバッターは丸。

何を思いながら丸は打席に立ったのだろうか?結果は4球でハーフスイング三振。この打席こそが、この試合の全てを決めたかもしれない。
次の岡本の打席で、吉川が走って會澤が阻止。

大瀬良はその後5回まで毎回ランナーを背負いながら6回には丸、岡本、陽岱鋼の三人を三振に切ってとった。この時点で9奪三振、101球。ベンチの判断は続投。
結局8回代打阿部をショートゴロに抑えて次の1、2番の吉川、坂本に連続安打を打たれて、一死1、2塁となってから丸を見逃し三振、岡本を空振り三振でシャットアウト。
124球、11三振と奪って後を中崎に託した。

打線は3回、8番に入った安部が先制のソロ。しかし菅野の前に5回まで野間の安打と安部の1本のみに抑えられていたが、大瀬良より先に7回102球でマウンドを降りた菅野の代わって1軍初マウンドに上がった大江から田中広輔が左前打、菊池がバントで送って一死二塁、龍馬が二ゴロで二死三塁、誠也申告敬遠の後、松山の代打バティスタ。

ここで巨人は宮國にスイッチ。バティスタ四球を選んで、二死満塁。野間の二ゴロが一塁送球それてワンヒットワンエラーで2者生還。さらに二死二、三塁で會澤のセンター越えショットで2点追加してGエンド!!

完全に巨人の継投失敗である。

原は何を考えて1軍経験の無い大江をマウンドに上げたのか?それをベンチから見た菅野は何を思っただろうか?そして丸はズムスタで開幕4三振を食らってどんな思いだったのか?

これこそが、チーム力の差であり、今のカープと巨人の差でもある。勝つべくして勝ったゲームとも言えるだろう。
それにしても大瀬良剛腕モードはリリーフの温存もできて思わぬ効果があった。最後を締めた中崎も相変わらずランナーを背負いながら抑えるという、いかにも中崎らしい抑え方だった。

そして次はケガから復帰の床田。オープン戦を見た限りでは十分戦えるだろう。できるだけイニングを食って欲しいところだがどうだろうか?相手はヤングマン?初対戦か?よくわからんww
ただ、あの丸が4三振を食らって黙って引き下がるような男では無いという事は我々が一番よく知っている。それでも床田にもとことんまで勝負して勝って欲しいと願う。

<巨人―広島 1回戦>◇2019年3月30日 マツダスタジアム
  123 456 789  R 安 失
巨 000 100 000  0 8 2
広 001 100 04X  5 7 1

勝利投手 [ 広島 ] 大瀬良 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] 菅野 (0勝1敗0S)

本塁打 [ 広島 ] 安部1号(3回裏ソロ)
巨人バッテリー 菅野、大江、宮國 - 小林
広島バッテリー 大瀬良、中崎 - 會澤

広島安部1号V弾「ポスト丸」期待も8番に危機感 日刊スポーツ

巨人・田中俊、史上初の兄弟開幕戦同時出場 兄・広輔と競演 スポニチ

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645