菊池の挑戦

菊池が契約更改に臨み、来季以降ポスティングシステムで米大リーグに挑戦したい意向を球団に伝えた。

これはある意味、僕の希望通りだ。菊池には大リーグに行って欲しい。ずっとそう願ってきた。息子には「菊池は世界一の二塁手」と教えている。いや、僕が本気でそう思っている。

世界のキクチ

そしてFAで行くのではなくて、ポスティングで行く。球団へのせめてもの恩返しだろう。なんとも菊池らしい。もっとも菊池のレベルだからこそ、ポスティングも可能なのだが。

菊池としては来季は勝負の年になる。セカンドはもちろん、打撃が今シーズン同様ではちょっと厳しいかもしれない。

何よりチームとしては、来季丸が抜けた穴を埋めつつ、菊池の後継を育成する必要がある。また、曾澤や田中とて必ずしも絶対に残留という事は無い。これからが黄金期と思っていた我々の思いは一転、今後の育成という課題を突き付けられた格好だ。

特にセンターラインの會澤、菊池、田中、丸、このすべてが近い将来入れ替わるとしたら、、、菊池の代わりは、曽根か?龍馬か?はたまた、、、誰になろうともはや異次元シールドは無い。

そしてチームはタナキクマルから、誠也を柱としたチームに生まれ変わる事になる。それはかつて、前田さんと、江藤、金本、新井、栗原と受け継がれたように柱が1本では限界がある。かつての浩二さんと衣笠さんのように、あるいはタナキクマルのようにやはり2本以上の柱が必要だろう。

では、誠也ともうひとりは誰になる?新井さんと丸はもういない。野間か?松山か?はたまた堂林か?期待したいのは高橋大樹か下水流か。

誰になるにせよ、まずは来年。総力を尽くして日本一を取ってこそ、快く菊池を送り出せる環境になる。

上のレベルでやりたいと言って巨人に行った丸。テレビカメラの前で胸を張って「野球をやっている以上、トップのレベルでやりたい」と言い切った菊池。この差はいかほどのものだろうか。

さて、それでは俺も2年後か3年後にアメリカに行く準備を始めようか。黒田さんの時のように。。。

carp2018カテゴリの最新記事