日記

阪神淡路大震災




本日は、ワタシが丁稚奉公する、お寺の関連行事、真宗大谷派・山陽教区第7組の推進員養成講座なるものがあり、
その受講にお昼からでかけておりました。

昨年から、月1回、計6回受講するという形式の第4回目の講義で
内容も難しいんですが、この時期のお寺ってかなり寒いんです。つらかった。

それが終わって、18時から仕事にでかけて帰って来たのが21時半頃

晩メシの支度をして、めずらしくテレビを見ながら待っていた
奥さんが見ていた番組、阪神淡路大震災のドラマ

神戸新聞のドキュメンタリー的なやつでした。

15年前の1995年1月17日、今でもハッキリ覚えています。

普段仕事にでるギリギリまで寝ていますが、あの日は目があきました。
地震発生の約3分前ぐらいだったと思います。

トイレに行って、もう一回寝るつもりで2階に上がった瞬間でした。
生まれて初めて地震が怖いと思った瞬間でした。

幸い、ワタシの住む姫路に大きな被害はありませんでした
普通に仕事に出かけたのですが、いつも使う高速道路が封鎖されてました。
意味がわからず、下道で行こうとすると、大渋滞

当時毎朝聞いていたラジオはABCの「おはようパーソナリティ道場洋三です」
ラジオから、道場さんが叫んでいました。
今日は仕事に行かないで!車に乗らないでみたいな事だったと記憶してます。
ますます意味がわからず、会社に到着

会社のテレビに映っていたのは、神戸の映像

驚きました。
しかし、地元は被害が無いため、いつも通りの時間が流れます。
ラジオからは、神戸が全滅みたいな事ばかり流れてきます。
当時も普段から、神戸に遊びに行き、神戸方面に友人も多かったので
気になって、気になって仕方ありませんでしたが、自分はサラリーマン
会社は動いてるもんで、仕事するしかありません

仕事終わって、家に帰ってテレビをつけると、長田あたりが火の海

友人、知人とは一切連絡がつかず、だけど明日も仕事でどーにもできない
自分の無力を痛感した瞬間でした。

これまた幸い、ワタシの知り合いは全員無事でした。
それでも避難所で大変な思いをしたと後で聞かされました。

あれから、15年、昨年結婚した奥さんは神戸のど真ん中の人でした。
おの震災を直接経験し、避難所生活を送ったと言います。
生きていてくれて、ありがとうという気持になります。

最近どこかの国で、災害が起こってもどこか人ごとのような自分がいます。

そこには、逆に普段の生活からどーやっても抜け出せない、
遠くで有事が起こっても、自分にはどーすることもできないジレンマを味わった
あの時の辛さを、2度と味わいたくない自分もいます。

普段の生活でも、”人の為に”これがなかなかできませんが
河島英五の「時代おくれ」のような
そんな男にワタシはなりたい

明日、5時半に起きることはできないと思いますが
とりあえず朝起きたら黙祷を捧げたいと思います。

震災で亡くなれた方へ哀悼の意を表します
南無阿弥陀仏



ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒