carp2018

FAで巨人に入った選手がダメになる理由。

過去にFAで巨人に行った選手、その数24人。

ダメになると書いたが、ちょっと表現が違うな。思ったほど成績が残せないとか、短命で終わるとか、そんな感じかな。

江藤さんも364本塁打で終わってるけど、カープなら400かうまくいけば500号まで狙えたと本気で思う。市民球場だったしな。

門倉や村田修一なんて本当にかわいそうだと思うし、大竹だってカープに残ってれば十分エースだよ。

なんでこんな事になるのか??それは巨人がなんだかんだで読売巨人軍だからなのだ。

いくら小市民の僕が巨人の事を悪く言って、バカにしようがやっぱり巨人という球団はその名の通りにでかい球団なのだ。

いわゆるタニマチなんて人もいっぱいいるらしい。そらひと昔前なら反社会勢力なんてのも多かっただろう。

とにかくオフであろうが、シーズン中であろうが付き合いがものすごいのだ。そして、大竹あたりがFAで巨人に行ってその付き合いを断れるか?絶対に無理らしい。過去のFA選手では落合レベルで無いとちょっと断れ無いんだとか。
FAで巨人に入る→付き合いに狩りだされる→野球なんてやってる暇が無い。この構図が出来上がる。

付き合いは何も酒の席だけではない。ゴルフやテレビ出演、雑誌の取材、マスコミ対応などとにかく野球以外の全てが含まれる。

これが最初からルーキーで巨人に入るとそれほどでも無いし徐々に免疫もつくらしいが、FAで入団レベルになるとものすごい事になるらしい。そして選手もちやほやされて天狗になったり、練習しなくなったりととにかく悪循環におちいる。

最終的にコーチにでもなれればそれはある意味成功かもしれないがね。でもやっぱり江藤さんには500号狙ってほしかったし、まあ大竹は時代が悪かったかな。それでももっと頑張ってほしかったと心から思う。

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒