carpと広島と

広島市民球場跡地問題。松井市長、「サンフレッチェは2位でいい。」②

話があちこちとびますが、今週の土曜日にはまた、市民球場跡地で
「サンフレッチェ広島優勝報告会」があるそーで、こちらの記事を急ぎます。

ところで、前回の
広島市民球場跡地問題。松井市長、「サンフレッチェは2位でいい。」
を書いた次の日から、一球さんが何を思ったのか、公式サイト「赤の魂」の中で
自分のツイッターまとめを掲載されまして(笑)、どーしよーかと迷いましたが
せっかくなんで、予定通り記録しておきます。
とりあえず12月5日付の田辺一球ツイッターまとめ。

12月5日

中国新聞28面、「サンフレ2位でいい」「批判相次ぎ”誤解招いた”謝罪」の見出しで松井市長の記事。しかし、その文面は、「誤解を招く発言は今後慎む」(松井市長)というもの。
 
さらに「もちろん優勝して欲しい。一方、スタジアム問題の取り組みを加速させる私の責任が重くなる。諸課題を解決する時間的余裕があればいいとの意味だった」(松井市長)。

それにしても…。

 この記事、「参加者によるとオフレコと前置きしたい上で」と記事にはあるが、まったくそんな事実はない。
 
だいたい、あの場に何人もいた中国新聞の写真記者、幹部はこれだけの大事を簡単にスルー。一日半遅れで紙面にこんな記事を載せて、あとからあれこれ書く資格すらない、だろう。
 
朝日新聞朝刊は地方版ではなく社会面でこのことを扱い「クラブ幹部、怒りを感じる」の見出しをとっている。もちろん「オフレコ」なんてどこにもない。
 
中国新聞はこの問題から「退場」した方がいい。その懸念は今回の一連のツイッターの一番最初に書いた。高速エスパー(注・光速、ではない、光の速度はムリ)だから予知能力もある。こうした偏向報道になることは目に見えていた。
もう一度言う。
あの場に中国新聞を始め50人前後の報道陣がいた。オフレコなんて一度も松井市長は言ってない。話の流れで勢いで、いつもの調子で「優勝はいい」「2位でいい」と何度も何度も森脇さんの前で繰り返した。そう、何度も!だ。
 
森脇さんは広島のメディアのことをよく御存じなのだろう。報道に期待せずフェイスブックを使った。
ほかに取り上げたのは携帯サイト「田辺一球広島魂」
と田辺一球ツイッターだけだった。
 
なお、懇親会の途中でこちらは退場したため、森脇さんとはこの件で一度も話をしていないし会ってもいない。
最後にまとめるが松井市長の言う「誤解」は森脇さん、全サポーター、市民に対する失礼極まりない釈明であり、口では「反省」といいながらまったく「反省」が見られない。
 
さらに確認しておくが中国新聞にある「スタジアム問題の取り組みを加速させる私の責任が重くなる」の松井発言にはネット上で”火に油”。さらに「諸課題を解決する時間的余裕があればいいとの意味だった」も話にならない。
全国至るところの自治体でサッカースタジアム建設を急いでいる。Jリーグ初代メンバー10チームでサッカースタジアムがないのは広島だけになる。「時間的余裕」などどこにもない。一方、建設候補地は山のようにあり、その中でも「球場跡地が一番」とサンフレもサポーターも市民も「跡地」を推している
 
そこに美術館機能を呼び込むことに躍起になっている松井市長自身が問題をこねくり回している。松井市長が「跡地にサッカー場は作らない」と吹聴して回っている件について今後、取材を進めていく。
 
もし松井市長が本当に反省しているなら「跡地にサッカー場を作る」ことをあさって、土曜の跡地PVで2万、いや3万人のサポーターの前で宣言するしかない。そうすれば松井市長はこの街にその名を永遠に残すだろう。ひろしま世界恒久平和祈念スタジアムの創設者、として…
 
追伸、美術、芸術館的機能が必要というなら、世界恒久平和をうたうこのスタジアムの一角に設ければいい。スポーツと芸術はともに補完し合う。複合型、多目的スタジアムを世界的な建築様式で建て、原爆ドームという負の世界遺産の正面に未来への遺産を記せばいい。
 
松井発言の集計を担当する広島市役所広報課、現時点ではクレーム、意見などメール、電話などでの市民、サポーターの声を「集計するかどうか分からない」と聞いて目がテン。昨夜の200超えから激増することが必至なのになぜ集計しない?なんなのか…
 
秘書課とのやりとり。「きょうも昨日同様、クレーム数夕方、教えてください」秘書課「やるかどうか分かりません」「クレームなど増えていること確実、なぜやらない?」秘書課「やるかどうか決めていません」「誰が決める?」秘書課「沈黙…」こんなのばっかり
 
広島市秘書課、松井市長の土曜日のアウェー鹿島応援参戦、もしくは跡地PVでの応援観戦について「未定」。「ではほかに公務あるのか?」秘書課「それは言えません」「じゃあわかったら教えてもらえるか?」秘書課「広報課と相談します」「教えてもらえないと理解、自分で調べます」
 
もうめんどくさくなってきた。毎回、木で鼻をくくったような広島市の態度。「そんなに気にくわない?こっちの言うことがおかしい、と思うならとっとと訴えたら?」秘書課「沈黙」…ってほんと、こんなのばっかり
 
しかも「正確にアップしてもらわないと困ります」と言われてしまった。嘘偽り、アップした憶えいっさいなし、だが不注意などは、ある。事実、一発目から「手前」が「出前」(腹もすいてた)よって秘書課にお願い。間違ってたらツイッターで返信ください。訂正します。これで安心…
 
おっと、大事な話を忘れていた。そもそもサンフレは広島市の出資で成り立っている。広島市の長が「優勝しなくていい」とサンフレ広報部長に言ったのだから、これは「Jリーグ」規定に触れる恐れすらある。秘書課は私のことなんかより市長の立場を心配する方が良くないか?
 
「優勝しなくていい」「2位でいい」は松井市長の「 」(カギカッコ)発言だ。そうでなければサンフレ広報部長が泣く泣くフェイスブックにアップするはずもない。そこには「勘違い」など介入する余地はな

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ