東電、真っ先に自分たちの撤退要請

枝野幸男前官房長官は7日、読売新聞のインタビューに
答えて「東電体質」の何たるかを明かした。

フクシマ暴走が混迷の度をきわめていた
3月15日の未明、東電の当時の清水正孝社長と電話をした際に
「作業員を全面撤退させたい」との意向を伝えられたという。

東電関係者は、これまで全面撤退の申し出を否定してきたが
それもすべてウソだった。管前首相も東電の作業員の
撤退の申し入れについて言及してきたが、より具体的な
内容が明らかになったのは事故発生から半年を経過しようという
今回が初めて。なぜ、こうも真実を明かすことだけに時間がかかるのか?

答えは簡単、国内電力各社に「改ざん体質」が染みついているからだ。

枝野官房長官によると、清水前社長はまず、海江田前経済産業相に
撤退を申し出たが拒否された。それでも諦めずに枝野前官房長官に
電話してきたという。

そこで、今回の大騒動ですっかり有名になった同原発の吉田昌郎所長や
経済産業省原子力安全・保安院など関係機関に問い合わせたところ
吉田所長の「まだ頑張れる」などの発言を聞けたという。

それがなければ東電トップの判断で「暴れまわる怪物」を
放置したまま、本来やるべき業務を東電はすべて放棄していたことになる。

自分たちの愚かな判断で人災を招いておいて、意図的に作り上げた
「安全神話」が崩壊すると真っ先に逃げ出す。戦時中の軍部トップと
何ら変わらない横柄で自己中心的なこのエリート体質は、
昭和から平成へ、という時代の変遷にも無関係のようだ。

田辺一球携帯サイト
「田辺一球・広島魂」より

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ