ブログ

大河ドラマ「徳川家康」

僕がFacebookで毎日楽しみにしてる連載高梨さんの「徳川家康」

その徳川家康の昨日の回に懐かしい写真が。。

長門裕之さんと(本多作左衛門)

江原真二郎さん(石川教正)。

僕が小学校5年か6年の時の大河ドラマ「徳川家康」の画像で

僕が大河や歴史もんにはまるきっかけになった大河でした。まさに僕の原点もいえる作品。

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第壱集 [DVD]

当時、日曜日の20時は、同級生のほとんどが、「西部警察」を

観てたのに、僕だけこれ観てましたww

いや~懐かしわ!ちなみに昨日の回だけはっつけます。怒られるんかな?

≪德川家康≫の229回目。
岡崎城代・石川伯耆守数正と、対・秀吉対策の密議を凝らし、家康在城中の清須に戻った本多弥八郎正信。
德川家康の側近にして、懐刀というべき人物です。
日毎に春めいてくる岡崎城。城代・石川数正もこの城には
一方ならぬ思い出がありました。家康がまだ竹千代の当時
駿府・今川家に赴く日のこと。桶狭間の混乱のさ中、独立を
果たし、家康とともに新しい希望を胸に描いた若い日のこと
石川数正も気づけば、50歳になっていました・・・。

≪さて、羽柴筑前との応酬、如何したものか・・・
ここはご当家にとっても、三方ヶ原以来の難所。
心してかからねばなるまい・・・≫

とその時、大きな聞き覚えのある声が近付いてきました。

「おお、ご城代・・・息災におじゃったかのう?」と
顔を綻ばせたのは德川家の名物男、本多作左衛門重次です。
「鬼どの・・・よう来られた(笑)。先だっては、弥八郎
・・・本多正信も岡崎に参って居ったのだ。」

「いや伯耆どの、そのことよ。殿は我らにも岡崎・城代
 
石川伯耆守数正と打ち合わせせよ・・との仰せ。儂などは
 
難しいことは、とんと分からぬ。したが、詐術めいた
 
羽柴筑前のやりようは、どうも虫が好かぬわい。
 
恐らくは硬軟両面から、羽柴とのやりとり、腑に落ちるべし
 
・・・・という殿のお考えと思うておるのじゃが・・・」

「そのとおりじゃ鬼どの。一足さきに羽柴筑前と信雄さまは
 
和議を講じられた・・・ご当家としても筑前と干戈を交える
 
理由はなくなったということ。したが、旭日昇天の筑前、
 
必ずや殿に臣従を迫るにちがいない・・・そうした折の
 
德川家としての心構え・・・ということじゃ・・・・・」

今朝はここまで・・・・・・!

もう、出ずっぱりの石川数正と本多作左衛門重次、
德川家の2人の柱石

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
お問い合わせ

090-3990-0645

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ