wordpress「個別ページに記事を表示する。」

「投稿」や「固定ページ」で書いた記事をtopページや個別で表示できるようにします。
ここで使うファイルは「single.php」と「content.php」と「content-single.php」の3つを使います。
「single.php」は「記事の個別ページ」全体を表示させます。
「content.php」と「content-single.php」は「記事のタイトルと本文を"出力"します。」(あくまでもざっくりです。最初はその程度だけ覚えて下さい。)

single.phpに記述

ここでは「single.php」に「ヘッダー」と「フッター」それから「content.php」を使い、「記事のタイトルと本文」を呼び出します。

「single.php」を用意します。そこへ「ヘッダー」と「フッター」を読み込むために以下のコードを記載します
[php]
<?php get_header(); ?>

<?php get_footer(); ?>
[/php]
「ファイルを更新」をクリックで終わります。
「home.php」でやったのと同じ作業です。

投稿の確認※ここまでの作業を確認するには、管理メニューの「投稿」開くと「投稿一覧」が表示されますので、その中の「Hello world!」カーソルを当てるとタイトルの下に「編集」「クイック編集」「ゴミ箱」「表示」の文字が表示されますので、右端の「表示」を押すと画面が確認できます。確認画面ではまだtopページと同じ「ヘッダー」と「フッター」だけが表示されています。

タイトルと記事を出力するためのコード

次に「content.php」と「content-single.php」の両方のファイルに下記のコードを貼り付けます
[php]
<div class="post">
<h2><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h2>
<p class="postcat"><?php the_category(' '); ?></p>

<?php the_content(); ?>

<p class="postinfo">
<?php echo get_the_date(); ?>
</p>
</div>
[/php]

タイトルと記事を呼び出すためのコード

そして最後にもう一度「single.php」に戻り、
[php]
<!-- コンテンツ -->
<div id="content">

<?php if(have_posts()): while(have_posts()):
the_post(); ?>
<?php get_template_part('content','single'); ?>

<?php endwhile; endif; ?>
</div>
[/php]

上記のコードを今度は、<?php get_header(); ?>より下の行、<?php get_footer(); ?>より上の行にヘッダーとフッターの間に挟む形で貼り付けます。

[php]
<?php get_header(); ?>

<!-- コンテンツ -->
<div id="content">

<?php if(have_posts()): while(have_posts()):
the_post(); ?>
<?php get_template_part('content','single'); ?>

<?php endwhile; endif; ?>
</div>

<?php get_footer(); ?>
[/php]
全体ではこうなります。この状態で画面を確認します。最後は必ず「ファイルを更新」をクリックして下さい。
先ほどと同じように管理メニューの「投稿」開くと「投稿一覧」が表示されますので、その中の「Hello world!」カーソルを当てるとタイトルの下に「編集」「クイック編集」「ゴミ箱」「表示」の文字が表示されますので、右端の「表示」を押すと画面が確認できます。
記事が表示されました。この記事はwordpressに最初から書かれている確認のための記事です。
投稿の確認2

ABOUT ME
moja
昭和47年生まれ。生まれた時からカープファン。 姫路生まれ姫路育ち。現在は相生市矢野町榊。 パソコン販売・修理・組立、出張サポート、ホームページ制作・WEBデザインなど。 奥さん1人と4男の父 真宗門徒
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ